プロミスの「3秒診断」

プロミスの審査に対して必要以上に怖がったり、不安に思ったりせず、まずは無料審査を受けてみましょう。

 

正直に申告して30分ほどで答えはでます。問題を起こした人でなければ、まず通ると思っていいでしょう。

 

審査の際にプロミスから電話が入ることが稀にありますが、その際にはプロミスだとわからないように工夫してくれているので、大丈夫です。
また悪質な滞納を繰り返す場合は別ですが、普通に借りているうちは家族や会社にバレることはまずありません。

 

プロミスでお金を借りよう、と決めたら最初に「3秒診断」をやってみることをオススメします。借入ができるかどうかを、簡単な質問形式で3秒以内に回答してくれます。ここでは年齢・年収・他社借入の3項目の入力をします。

 

20歳以上、69歳以下で、定期的な収入があって、いくつもの貸金業者からの借入がなければ3秒診断は簡単にパスします。

 

「借入可能」と診断されたら、本審査に入り多くの項目に回答してゆくことになります。

プロミスの審査を落ちる人

プロミスが審査でどこに重点をおいて見ているのか・・・気になるところです。

 

まず、申込者が多重債務者ではないかということ。多重債務者が審査に通ることはないです。
そして審査の申込み内容にウソがないかどうかをチェックします。

 

収入金額を実際より高めに入力した方が審査が通りやすいと考えがちですが、収入が低いから審査の落ちるということはあまりありません。ただし、貸付金額が低くなる場合はあります。

 

それより収入金額を偽ったという行為で審査落ちとなる可能性があります。また、身分を偽ったり、年齢を偽るのもマイナスとなります。ウソをつくという性格はその人の人間性を表しているという判断です。

 

お金を借りるのは困っているからです、自分の現状を正直に申告することが抱えている問題を早く解決する方法と理解しましょう。

債務整理という選択肢もありますね。 参照:【債務整理しちゃう?】借金返済できない時は法律事務所にまず相談を

プロミスの審査

人にお金を貸す商売をしている業者は財務局への届出が必要で、登録番号があります。また、貸金業者で作られている貸金業協会などの会員になっていれば更に良いでしょう。

 

プロミスの場合はもちろんそれらをクリアしていますし、貸金業者としての歴史も古く、銀行系であることも借りる側としても安心です。

 

プロミスでは「フリーキャッシング」の内容として、新規の借入対象者の場合、・融資額は500万円まで、・借入利率実質年率4.5%〜17.8%、・遅延利率は20%、・返済期間と返済回数は最終借入後原則として最長6年9ヶ月で1〜80回、・申込できる人は20歳以上、69歳以下の安定した収入のある人でプロミスが指定した基準を満たす人、・本人確認ができる書類を提出できること、・担保や保証人は不要としています。

大手消費者金融

お金を借りるならやはり大手の金融業者が安心です。法律に則した利率と厳しい取り立てもないので、返済をきちんとしている限りなんの問題もありません。その分、審査が少し厳しくなりますが、限度額が少なくなる程度なら大手の業者のカードローンを契約するのが賢い借り方です。

 

<プロミス>は実質年率:4.5%〜17.8%。最大利用限度額:500万円。審査時間:即日融資可能、土日の即日融資可能。特長:最短30分の審査回答と30日間無利息期間あり。学生・アルバイトでも大丈夫。

 

<アコム>金利:年4.7%〜18.0%。最大利用限度額:500万円。審査時間:土日の即日融資可能。特長:最短30分の審査回答。30日間の無利息サービス。Web契約で来店不要。クレジットつきカードあり。

 

<ノーローン新生銀行グループ>金利:年4.9%〜18.0%。最大利用限度額:300万円。審査時間:即日融資可能。土日の即日融資可能。特長:最短20分のスピード審査。なんどでも1週間無利息。楽天ポイントが貯まる。

 

<アイフル>金利:年4.5%〜18.0%。最大利用限度額:500万円。審査時間:即日融資可能。特長:最短30分の審査完了。来店不要のネット申込み。融資可能か1秒診断あり。

・【闇金相談ガイド】ヤミ金の取り立て対策・解決方法をお探しの方へ
闇金相談ガイド.com

更新履歴