プロミスの概要

プロミスは三井住友ファイナンシャルグループの完全子会社として運営されています。

 

1962年に大阪市豊島区に「完済金融株式会社」を設立。

 

1965年には大阪市の東区(現中央区)に移転し、1969年には東京進出を果たしています。1970年には「プロミス株式会社」を設立。

 

1972年に幸福相互銀行から初の銀行資金を導入し、消費者金融会社としての地盤固めが築かれていきました。その後も何度も商号変更したり、本店の移転などをしながら、休眠会社を買収、合併などで1980年4月には店舗数100店を達成しています。

 

1985年には本店を東京に移転。
1990年代に入ると、無人契約機の設置やネットでもサイトを設立やコンビニでの入金できるサービスを開始してどんどん事業を拡大していきました。

 

2000年には現在の三菱東京UFJ銀行・アプラスとの合弁ローン会社「モビット」を設立しましたが、2004年に離脱し、三井住友ファイナンシャルグループとの提携を発表しました。

 

その後もさまざまな改革や変革が行われ、2012年には社名を「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」に変更されましたが、「プロミス」のブランド名は継続されています。

プロミスの特徴

 

貸金業界トップのプロミスですが、他にも大手貸金業者にはアコムやモビット、レイクなどがあります。
競争の激しい業界で、プロミスが業績をあげているのは借りる人が多いからです。

 

プロミスの審査が他より甘いわけではありません。特別厳しいわけでもありません。
プロミスと他の業者を比べてみるとわかることがあります。

 

まず、30日間の無利息サービスがあります。短期間で完済できる見込みがある人にとっては、このサービスは大きなメリットとなります。
おもわぬアクシデントでどうしてもお金が必要になった場合、月給制の方なら次の給料日に完済できるのなら、友達や親族に借金をするよりいいかもしれません。

 

このサービスは他の業者も行っていますが、無利息の日数が短かったり、
金額の上限がとても少額だったりします。
またプロミスではポイントサービスがあるので、これを利用すれば無利息期間の延長も可能です。

 

次の特徴として、金利が他より安いということです。金利は借手にとっては最大の関心事由です。少しでも安いにこしたことはありません。
プロミスの実質年利は4.5%〜17.8%。アコムやモビットの上限金利は18%です。
たった0.2%の違いですが、借入金額が大きくなると0.2%が大切な数字になります。

 

次の特徴はポイントサービスがあることです。ポイントに応じて無利息サービスやATM手数料の無料など、様々な特典を受けられます。
えば、250ポイントで7日、400ポイントで15日、700ポイントで30日の無利息サービスが受けられます。

 

ポイントを目的に借金をすることをおすすめするわけではありませんが、もしどうしてもキャッシングの必要があるのなら、毎回違う業者で借りるのではなく、プロミスを利用すればポイントが貯まるということを覚えておいて損はありません。